泣き泣き笑い介護とアタシ

.06

日記

勧告?(汗)

『勧告』文字にすると、なんて厳しい形にと思うが

少し前から、ケアマネさんから婆がディで浮いてるって聞いてた。
誰とも関わろうとせず、1人で居る場面が多いと…
目を離せば、帰り支度をして玄関で居座り、
宥めても難しい状況になる事が増えたらしい。

以前は10人強の通所者だったけど、今は20人を超える通所人数。
殆どの人が介護2以下、婆も介護2だけど、
現状はもっと進んでるのかもしれない。

皆さんとは別にスタッフ事務所で、ぬり絵をしたり
YouTubeを見たりと、手をやかせてるっぽい
目が離せない婆に1人スタッフさんが介添えにつくのは無理がある。
簡単に言えば、面倒みきれないって事なんだろうね。

勿論、こんな直接的な物言いはしないし
やんわり柔らかく、察して欲しい…みたいな?
他の、もっと婆に合ったディの方が良いのでは…
そう、言われれば従うしかない
今まで、随分とお世話になって迷惑もかけてる。
婆の事は当然、アタシへの労いや労りも随分と気にかけて頂いてた。


致し方無いか。。。


デイの方々には感謝しか無いけど、
一刻も早くってニュアンスも感じられるし・・・
本格的に、他のディを探さねば

現状の通所日数、時間もそのまま継続出来るトコがあるだろうか…
小規模なトコが婆には合ってるような気もするが
気に入らなけりゃ、結局は似たような行動をするんだろうし
これから先も、こんな事はあるんだろうなぁ(-。-)ボソッ
まぁ、そんな事言うてたら前に進めないしね


現実を見て考えないとアカン
デイの通所の現状は、9時前後にお迎え、4時過ぎに帰宅。
アタシにはベストな時間区分

お迎えが遅く、帰宅が早い!
そんな状況では、何もする事も出来ないしぃ…
ただ、昼時に居ないだけ…
そんなんで、介護者休息を取ってとか
ちっとも、助けになんてならないしぃ。
まぁ、時間的な事は、要相談するしかないだろうけどね。

この年末に来て、こんな状況

また、1から面談か・・・
まずは、受け入れてくれそうなトコをケアマネさんも探してくれて
早速、ショートに行ってて婆は居ないけど
アタシだけ見学してこようと…

って事で、早速ケアマネさん推薦のトコに見学に行った来た。
ショート行ってる間に、アタシの余暇も無いわサ

印象的にはイイ感じだったと思う。
婆がお気に召すかが問題!
取りあえずは契約をする前に1日体験をさせて頂けるとの事。
ココがダメなら、また探さなくっちゃ

年明けには、介護度の変更調査?
そんなんも申請した方がイイって言われちゃったし


凹むわぁ・・・
関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ

NEXT Entry
安定
NEW Topics
初めの一歩
とんでもねぇ(^^;
遅延(^_^;)
蒸しっとな・・・
異質な台風
Entry TAG
介護   痴呆      ディサービス   ショートステイ   ケアマネ   退所   移動   アルツハイマー  

Comment
59
う~~~ん。認知症の方は環境の変化が苦手ですから、利用者本位に考えるならデイにはもっとプロ意識を持って頑張ってほしいな~と個人的には思います。でも、まぁ、そういう事を言ってくるデイに期待するより、千春さんのおっしゃるとおりお母様に合うデイに変更した方がいいのでしょうね。
お母様にとっても、千春さんにとっても、良いデイとご縁がありますように。

60
Re: 柊さん♪
そだっ!柊さんはケアマネですものね(^^;

直接じゃ無くても、ニュアンス的に言われてしまうとね(;^ω^)
でも、もう少し考える時間とか余裕とか
与えて頂きたかったってのが本音(苦笑)
今日は、まだ連絡がないので、
どんなスピードで進むかわかりませんが
一刻も早く退所って、押し出されてる感じは
否めないんですよねぇ・・・
アタシの甘えですかね?(-。-)


Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

千春

Author:千春
笑えるように、
気ままに愚痴ります(^^♪

<登場者>
爺=実父(H29.3 逝去)
婆=実母(同居)
とんちゃん=ハズバンド
葉ちゃん=姉(近所に在住)
K子チャン=妹(隣県に在住)
お子達=2名(笑)


カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



全記事表示リンク


ブロとも申請フォーム

※ポチっと・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 介護ブログ 親の同居介護へ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村 介護ブログ 家族介護者へ




お客様
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ